<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- / 虚淵玄(ニトロプラス)

f0139014_23175930.jpg


バイト中にmixiを見ていて、そういや本日発売だったっけと思い出し、
色々調査したところ予約していなくても購入出来るほどらしいので、
バイトが御茶ノ水という地の利を存分に生かして秋葉原のメッセサンオーでGET。
家へ帰ってからタスクが残っているのにも関わらず今の今までずーっと読んでました。
 
ハテナの方でFate/Zeroの第一巻について(超適当に)レビューしておいたのでアドレスをペタリ。
http://d.hatena.ne.jp/Lion-mps/20070116#p3

一巻の頃から思っていた通り、テンポの良さ、戦術に長けた描写、
そして多いながら各自が生きているキャラクターが非常に素敵です。
キャスターの禍々しい狂気、
ランサーの儚いまでの仁義、
そしてセイバー、アーチャー、ライダーが内に秘める(一部外に開放し過ぎな人もいるけど)それぞれの王気(どうやら『オーラ』と読むらしい)、
全てが鋭い匕首のように脳に叩き込まれていく感じがしました。
一巻を読み直そうと思ったんですが友人に貸し出し中でして比較する事が出来なかったんですが、
僕が読んだ時にあった違和感が抜けていました。
前回の感想で僕が保留にしていた、『同人の匂い』ですが、
ここまで世界感を消化して独自のスパイスで昇華させていれば、
もう原作を抜きにして楽しめていました。
作者の、
「俺がFateを書くとこうなるんだ!」
という一本気がズン! っと伝わってきましたね。
そんな意味でも僕の中では高評価でした。

あとは僕が武器の描写にどれだけついていけるか、
余白の取り方をどれだけ妥協できるか、になりそうなので割愛w

ライダーが本当に良いキャラクターしています。
というかもう言っていいと思うけど征服王イスカンダルなんですが、終盤で自らの願望を吐き出すシーンがあるんですよ。
その場のシチュエーションを頭の中で描くと、いや本当に大きな男なんだなーって思うんです。
己の欲一つで臣下を動かし、侵略し、蹂躙し、征服した王。
ただただ貪欲な王のその気風に、人々は憧れていったんだなーって。

当然のようにこれはあくまで「Fate/Zero」という世界観の中での話であり現実のものではありません。
でもやはり僕も一人の男として生を受けた訳で、こういう生き様には少なくとも羨望を持ちます。
いやー僕には王気(オーラ)が足りません!
[PR]
by lion-cage | 2007-03-31 23:55 | Review-ブック

不定期連載「SOSのある生活③」

朝のホームルームを終え、俺はジトジトした不快な空気、いやここまで来ると最早瘴気と表現した方が正しいのだろうか、
兎に角、視覚で言うと『黒』、触覚で言うと『粘』だろうイメージを背後から感じ取っていた。

「何よ……」
あーああーあ、我らがプリンセスは大層不服な面持ちなようで。
まぁ、それを振り向かずにして理解する俺も、もうこいつの毒に侵されきっているわけなんだが。
「……朝から一体どうしたんだ。悪い夢でも見たのか」
90度体を動かして後ろを見る。
「違うわよ。規則正しい生活をしている私に、悪夢なんて見てる余裕無いわ」
顎を机の上に乗せて脱力するハルヒ。
言っている事に因果関係が掴めないのはいつもの事だ。
「全く、あんな理不尽な時期に転校したんだから、ちょっと期待しちゃったじゃない」
ハルヒが言ってるのは多分あいつの事だろう。

「諸事情で日本に戻ってきました。皆さん、お久しぶりです」
ホームルーム、カナダから緊急帰国した(という設定になっている)朝倉は、
それこそ皆を幸せに出来そうなスマイルで元気良く挨拶した。
元々委員長として働いていた朝倉だ。クラス全員が彼女の復帰を心から喜んでいた。
当然、一歩間違えればあいつの代わりにこのクラスからいなくなっていただろう俺と、この後ろでへばってる奴は除くが。

ハルヒに言わせれば、
入学してすぐに海外へ転校した朝倉には絶対何か裏があると踏んでいたようで、
一度は諦めていたが、いずれ真実を明かしてやろうと思っていたらしい。
それなのに結果朝倉がケロリと戻ってきたものだから、狙っていた遺跡を先に見つけられてしまったようなショックを受けたことだろう。
「ねぇキョン」
右頬を机に押し付け空を見つつ喋るのは年頃の女の子として正直どうなのか。
「私はね、てっきり朝倉さんは宇宙人にさらわれたと思っていたのよ」
『宇宙人』という単語にビクッとする。
「でそれを自然に纏め上げようとした宇宙人によって全人類へ洗脳が行なわれたのよ。
だってそうじゃない? あんなタイミングで転校よ? みんなだって絶対おかしいって思うはずじゃない」
なんでこいつはこうも的外れな中にピンポイントど真ん中ストライクを決めてくるんだ。

朝倉の方を見ると、机の周りにはクラスの女子達が我先と押し寄せていた。
「ねぇねぇ、カナダの料理って美味しい?」
「うーん、正直豪快だったけど私にはちょっと無理だったかな」
作り話をあそこまで真に迫って言えるのも、
あいつがどんだけ分厚い猫の毛皮を羽織っているのか知ってる自分にしてみればおそるるに足らない。

「あーあ、どうしてこう事実っていうのは単調でつまんないの!?」
「おいハルヒ。前にも言ったが、不思議な事がそんな石投げて当たる様に存在する筈が無いだろ。
様々な途方も無い現象の中に一つだけあるから不思議って言うし、それこそ追求するに相応しい存在だろ?」
「五月蝿い。それにくさい」
……やれやれ。

「おいおいキョン、これってあれか、俺と朝倉の間を結ぶ赤い糸が呼んだ奇跡か。いや、これは運命だな。離れ離れになっても互いに惹かれ合う……うーむ絵になる」
「とりあえずハルヒ、こいつの脳とか手始めに弄ってみたらいいんじゃないか」
「嫌よ」

コールタールのような圧迫感の気配を背後に浴びつつ午前の授業をどうにか凌ぎ切った俺は、
昼休み、弁当も半ば、事の真相を誰よりも知っていそうな奴に会うため、ある場所へ向かった。
[PR]
by lion-cage | 2007-03-31 15:21 | SS-ハルヒ

ToHeart2-7【ネタバレ込み】

昨日るーこルートを攻略したんですが、今の今まで感想がかけなかった!
後ほど更新しますので待っていてくださいな!

困りました!
感想書かないまま花梨ルートも終わってしまった!
しかも今日から実家に帰省。
非常に申し訳ないんですが花梨についての感想は少々時間を置いてからになるかと思います。

では感想を。

るーこルート:
優季ルート同様、非現実的であり、それでいて切なく展開される優季ルートとは違い、
全体的に幼さの残る、可愛らしいストーリーでしたね。
パッケージでその容姿を見たときはミステリアス感、そして知的な印象があったるーこでしたが、
蓋を開けてその本当の姿を見るとあらまぁなんとも天然な世間知らずお嬢様。
その辺りのギャップに僕の友人の一人もやられていたみたいですw

多くのサブキャラクターが出演し、なかなか豪勢なストーリーではありましたが、
ちょっとそのせいで華やか過ぎたかなーという感じも。
確かに、どの一人が抜けてもうまくいくことが無かった話なんだろうとは分かるんですけどね。
あと半歩、るーこを前に出してくる感じでも良かったかなーなんて。
宇宙人というかなり異色の設定を、どれだけ手綱を握れるかなという期待もあったので、
そういう意味ではちょっと残念感も残りました。

何をもってお互いが幸せになれるのか。
その答えは人の心の数と一緒。
時にその答えが、相手を裏切る結果になってしまっても、
いつも二人は、手を取り合える。
[PR]
by lion-cage | 2007-03-25 11:29 | Review-ゲーム

ToHeart2-6【ネタバレ込み】

珊瑚、瑠璃(&イルファ)ルート完了。
おかしいな。会長攻略を目指してたらでてきちゃったんだよねこの双子。
でもまぁその場の流れ的にこのルートになってしまいました。
というわけで感想なぞを。

珊瑚、瑠璃ルート:
プレイ始めは「これはどういう展開に持っていくんだ?」と正直思いました。
オープニングムービーからも想像付いてはいたんですよ何となく結末というかああこれ3PENDかなーって。
ただそれまでは、
「主人公が二人のうちどっちを取るのか葛藤する様なストーリーかなこれ」
とか、
「逆に主人公を奪い合う的なのかな」
と思ってたんですが、中盤からは瑠璃ルートといえそうな位妹が前面に出てきて、多少うざさはありましたが、展開としては意外性があって面白かったと思います。

ラストのイルファの台詞は好きです。
今までそんな事考えたことがありませんでした。

お互いを誰よりも良く知っているがために擦れ違っていく想い。
でもそれは、大切にしたい人の幸せを願ってしまった優しい心。
体を寄せ合い分かち合えば、いつも隣りにいられる事の本当の意味を知る……。



でもやっぱり、ハッキリ言ってこの絵師の絵はちょっと自分には合わないかなーって(ぉぉぉ
優季ルートでも思ったんですが、なんで立ち絵がこんなに胸張ってエッヘン! みたいなポーズなんだろうってw
多分絵師の特徴なんでしょうけどね。顔つきとか髪とかも。

あと一番言いたいのは、
何 故 僕 好 み の  メイ ド は 絶 対 味 オ ン チ な ん で し ょ う か 。
イルファのエンディング後の豹変っぷりが最高でした。
個人的にはクマ吉のメイドロボverも立ち絵とか欲しかったです!
ちょっと胸について主人公に言われただけで、3cmも増やすよう我が侭をいう健気さは絶対可愛い! そうに決まってます!
ああ、メイドって最高ですね。人類のリーサルウエポンと言えます。

……今なんとなく検索して何となく知ったんですけど、
?!かすで当本てっる来出略攻が”みるは”でsyaD rehtonA
[PR]
by lion-cage | 2007-03-24 01:53 | Review-ゲーム

不定期連載「SOSのある生活②」

えーと、この首のナイフで、というか顔見えてるし確信は出来てるんだけど、
脳が目の前の存在を認知しまいと必死で抵抗してるんだが……。

「『あさ』までは良かったんだけどなぁ。『h』の子音はいただけなかったな」
満面の笑みで、しかし凶器を握り締めた右手は微動だにさせず、女は台詞を繋ぐ。
「もう! ちょっと前まで同じクラスメートだったのに酷いよキョン君」
頬をぷくっと膨らませる表情は、大人びた容姿を『可愛い』にダウングレードさせるのには十分で、より一層、その心の奥に潜む殺意を分かり易く捕らえられた。

「朝倉……なんでここに」
実際に当てられている訳でもないが、最早首と胴が繋がっていないかのような息苦しさを感じつつ、
肺に残っていた少ない二酸化炭素で疑問を紡ぐ。
「キョン君に会いたかったからかな」
ニッコリ笑いつつ答える目の前の女。
転校した幼馴染ならまだしも、一度殺されかけた相手にそんな風に言われたところでタチの悪いジャパニーズホラー映画のワンシーンだ。
実際ちょっと今朝倉がクシャミでもしてみろ。スクールゾーンが鮮血に染まるぞ。

「……嬉しそうじゃないね」
これを嬉しい状況と思えるほど、俺は特殊な性癖は持ち合わせてはいない。
「私の事嫌い?」
飛躍した発想につっこめばいいのか、言動の不一致につっこめばいいのか分からん。

「と、兎に角この危なっかしいものを仕舞ってくれ」
全身硬直しつつ口を動かしすぎない程度にアピール。
喉が必要以上に振動したら前述の通りだ。この連載もあっけなく終焉。作者的には万々歳なんだろうが。

「あら、いけないいけない」
朝倉は自分の右手を改めて見て頬を赤くする。
まるではしたなく食事していたのを親に注意された子どもの様だ。
手を開いてナイフを地面に落とすと、先ほどまで渋く光っていたそれはさーっと消えていく。
俺は足腰に力が入らずその場に崩れる。
「つい癖で突きつけちゃってた」
……癖なんかで殺されかけたら、いくら階段で亀踏み続けても需要と供給がマッチしないぜ。

朝倉はおでこを手で抑えるポーズをして反省している。
俺の専売特許を取られてしまった。著作権の侵害だ。使用料寄越せ。
「だって、久しぶりでつい嬉しくなって」
「喜びを殺人衝動にするな」
「それはそうと、そろそろ学校始まっちゃうよ?」
そういえば目の前の殺人未遂女、やけに自然だなと思ったら、ウチの学校のセーラー服着ていやがる。
まぁこいつが普段着を着ている姿は生前(?)見た事無かったけどな。
「それはそうよ。だってまたこっちに転校してきたんだから。カナダは楽しかったよキョン君」
その点は長門の情報操作にあくまで忠実だった。
「とりあえず立ち話はこれくらい、聞きたい事があったら休み時間でも放課後でも私を捕まえてね」
そう言いながら、まだ地面に座り込んでいる俺に手を差し伸べる朝倉。
柔らかい笑顔は、夏手前の陽気には一際眩しい。

握り返した手に、これから何かが起きるだろうという期待、そしてそれ以上の不安を俺は感じていた。

(続く)
[PR]
by lion-cage | 2007-03-23 19:23 | SS-ハルヒ

四月は霧の00(ラブラブ)密室 / 霧舎 巧

f0139014_0132111.jpg

本日学校にて所用があり、それまでの移動時間を有意義に使おうと、
家の近くにあるBOOK OFFにて色々物色(しようと思ったけど時間が無くて結局ジャケ買いっぽくなっちゃった)結果この本を購入。
 
普段ミステリーっぽいのを読まないので、
(西尾維新のはなんかミステリーな感じがしないので除外)
ちゃんとした感想が書けるのか不安ではあるのですがそれはおいておいて、
霧舎学園シリーズものの第一作。
ページが少ないので(200P弱)一気に読みきる事が出来そうです。

作者自身が語るに、「ライバルは『金田一少年の事件簿』!」らしいので、それと比較しようと思ったんですが、
内容見た感じだと学園推理モノという事以外方向性が全然違うんですよね。
あっちは一人の切れ者が推理をガシガシ解いていくものに対し、こちらは数人のメンバーによる構成。

では続きを。
(昨日友人が家に来ていたため読みきれなかったんですごめんなさい!)
全体的に感じたのはミステリーらしからぬぬるさ。
いい意味でも悪い意味でもぬるま湯だったなーって。

作者の後書きにも書いてあったんですが、金田一やコナンで推理モノを読むようになった人が、
活字という文化に入り込みやすい、さながら熱い温泉に飛び込む事無く体を労って読むのには適してはいるのでしょうが、
ミステリーという観点でいうとちょーっと弱く、刺激に足りなかったかなーというのが直感。

登場人物の特長が正直ぱっとしなかったのもあります。
ぱっとしなかったというよりは、登場人物が多いせいで一人一人が際立った感じもなく、
特にこれからも頭張っていくだろう数人は、性格にちょっと鋭い何かを持たせたほうが読み手側としても良かったんじゃないかな―と感じましたね。
特長の薄さで、台詞が時々誰のものか分からなくなる場面があったのが残念。

ミステリーとしての内容について述べるには、何度も言う通り初心者なので割愛します。
ただそういった意味で、前述の通り入り込みやすい作品だったと思います。

いやそれにしても、最後のくだりを見る限りどうやら4月始まりで3月まで存在するのかなこれ。
全巻集めるの大変そうだ(ぉ
[PR]
by lion-cage | 2007-03-23 00:37 | Review-ブック

ToHeart2-5【ネタバレ込み】

というわけで「いいんちょ」こと愛佳ルートでした。
最初に間違った時も誕生日についてのフラグが立ってたので勘違いしてたんですが、まさか由真から教えてもらうルートがあるとは。
そんなこんなでノベルゲーの恐ろしさを久々に垣間見たって所ですかねw

愛佳ルート:
お互い異性が苦手なもの同士というなんとも初々しいというか意地らしい雰囲気。
図書館奥の誰も入ってこない閉鎖空間の中でそれは更に強く強く、
時には暴走してもう見当外れな方向へ展開していく様は、
そのアンバランスさで他のストーリーよりコメディ色の強さを感じ、
またそれが朗らかで、ゆっくりと流れる時間、
進み続けいつか終わりが来てしまうこの刻一瞬一瞬を無意識で惜しむ主人公、
そして愛佳の心がひしひしと伝わってくる、ほのぼのするストーリーでした。

終盤になり出てくる妹がその二人とあまりに温度差のあるキャラだったのも、
スパイスが効いてて良かったと思います。
妹の話が出てくるのも自然な流れだったことが好印象。

人の好意をどうしても素直に受け入れられない女の子。
彼女の良さ、彼女がどれだけ頼られているのか、一番理解している男の子。
指先が触れ合った二人の顔は、それこそ桜が咲いたように赤く、紅くなっていたのでした――。



「桜の花びらって、秒速5センチメートルで落ちるんだって」←豆知識

うわ、明らかに蛇足……!
[PR]
by lion-cage | 2007-03-22 15:45 | Review-ゲーム

ToHeart2-4【ネタバレ込み】

いいんちょルートがどうやらフラグの立て方に誤りがあったらしくBAD END。
なのでセーブしてたポイントから別キャラ攻略……
ってこれ隠しキャラじゃないか!

ってな訳で優季ルートが今さっき終わりました。

優季ルート:
おかしいな。なんでこんなに泣きそうになってるんだろう。
今が午前6時という時間帯なのが原因なのかな……。

一番心打たれたストーリーです。
久々に失敗したと思ってます。このルート最後にすべきだった……。
攻略が4月頭(他のキャラクターは3月から既に登場してくる)から開始されるため、
彼女独自のシナリオ部分はどうしても短くなってしまっていたのですが、
なんでこうも胸に突き刺さるんでしょうか。

もうなんというか、凝縮されている感じです。

中盤、流星の中で彼女が歌うシーンがあるんですが、
そのパートで挿入される歌もこれがまた破壊力抜群。

主人公もこのルートでは非常に弱々しい、自分の気持ちを正直に伝えていくだけの少年となっているのも、
このストーリーで非常に大切なファクターになってて、
その台詞一つ一つがまるで詩の様に紡がれて、優季の心に訴えるシーンは、
見ていて美しく、また儚いものでした。

そして衝撃のラストには、もう何度も言うとおり、久方ぶりに涙腺が震えました。
普段感動で泣く事が出来ない薄情者(感動する機会が多いのに、何故か涙を流せない)なのが、
やっぱり凄く勿体無く思えちゃいます。

ああ、それなのに何故あくびをすると涙が出てきちゃうんだろう!
出るTPO考えて下さい自分!
グスン……。
[PR]
by lion-cage | 2007-03-22 06:04 | Review-ゲーム

ToHeart2-3【ネタバレ込み】

というわけで昨日の死亡フラグも何処吹く風。
散髪して明らかに切られすぎましたが、帰って続きしてました。
最初はいいんちょルートかなと思ったんですが、
どうしてもツンデレ(というよりはツンテレ?)な由真が気になって気になってしょうがなかったのでそっちで。

由真ルート:
今までの2人に比べて長い!
というのもあれかな、3月終盤に全くイベントが無いからなのかな。
最初、「あれ、もしかしてフラグ消滅?」とか思ってしまいました。
途中バッドENDっぽい流れもあってビビッてしまったのも真実ですw

内容は甘すぎて甘すぎて死にそうでした。
ツインタワーでのくだりがもう耳から蒸気出てきそうでした。
ぬいぐるみ同士のキスとか! ああもう持て余します! 何を!

でもそんな中でも、
「道がある事への不安」とでもいえばいいのでしょうか、そういった由真ルートで伝えたい物語をちゃんと咀嚼して訴えかけてくる余裕がある辺り正直尊敬しました。
終盤の展開に主人公同様終始戸惑ってしまって、完全にライターの手の平だったと苦笑。
ちょっとその部分だけ解釈が難解かなーとも感じちゃった部分も無きにしももあらずですが。

由真のこの掴み所の無い性格がシナリオとミスマッチで、そこにも力量を感じましたね。
ただのデンパ女では無かった!

あとは、
「おじいちゃん、あたし、ダニエルになる~ なる~」
が最高にうざくて良かったです。ヒット賞です。

まぁ何が言いたいかというと、
「これで勝ったとおもうなよー!」
[PR]
by lion-cage | 2007-03-22 01:11 | Review-ゲーム

ToHeart2-2【ネタバレ込み】

始めに。
このブログは半ば私用な意味合いも込みなのでネタバレ上等です。
お気をつけご覧下さい。

このみENDとタマ姉ENDを見たんですが、ファーストインプレッション通りタマ姉のキャラは大好きです。
こう気風のいい女性ってこと恋愛になると奥手なのがまぁ王道なんでしょうね。
王道というかベタベタ展開は好みなのです。
 
ベタベタ展開って多く批評家が使いますが、僕は決して悪い表現では使いません。
ベタベタというのは要するに多くの人に受け入れられる内容というわけでして、
そしてやはり自分の文もそういう意味で収束しているんですよね(ぉ

最近色々小説とかギャル(もしくはエロ)ゲーとかやっていて思ったのですが、
ちょっと冒険心出しましたーというものは悉く裏目ってるんですよね……。
(特にこと恋愛モノは、色々伏線張った挙句回収し切れていない、または設定が生かされていない等
それに比べれば、ありがちなストーリー展開って、芯がハッキリ打ち付けてある分カラーリングしやすいし、
それによって、各々のシナリオライターの『色』がハッキリ見えてくるので、参考になるモノだと思っています。

つまりベタ展開というのは須らく多くの人が使用する、これにより内容の良し悪しもきっちり浮き彫りになるという訳です。

閑話休題。
今2つのルートをやってみての感想。
このみルート:
主人公にベッタリ貼り付く甘えん坊幼馴染がヒロインっていうのは、
今日日ツンデレがもてはやされているこの時代には結構珍しいですね。
まぁこれが出た時にツンデレなんて属性がそこまで表舞台に立っていたとは考えにくいのもあるし、
ツンデレ(っぽい?)キャラは他にもいるのでどうでもいいです(ぉ
個人的には序盤と終盤のバランスが、ちょっと序盤に偏りすぎてたかなーという印象でしたね。
このみの気持ちを知ってからの主人公の心情の動きが急角度すぎたというか、。
なので温度差に多少無理矢理感が否めないというか、ちょっと戸惑いを誘ってしまったのが残念。

しかし描写は好きです。
年頃の青年を素直に表現されているのがたまりません。
中ほどにある卒業式の辺りが個人的に気に入りました。
シンプルな描写なのにこうも訴えかけてくるのは、やっぱり文もさることながら、BGM、そしてCVの力による部分も大きいんでしょうね。


タマ姉ルート:
「姉」って打つのに「姉さん」って打って「さん」を消すのが何故かこっ恥ずかしいです(ぉ
いやー上にも書いたんですが、豪胆な女の子ってなんでこうも惹かれるんでしょうね。

ストーリーはこのみよりこっちの方が好みですね。ダジャレではない。
初恋の男の子に久々に会い、気持ちが変わっていなかった事に気づいていく様は、女の子をより女の子に見せるというか魅せてくれますね。
あまりにも赤面ラブで、こういう成分を久方ぶりに回収できて肌がツヤツヤになった錯覚を受けました。
多少タマ姉の揺らぎを思わせる描写に不自然感がありましたが、それを補うメロメロストーリーでしたね。
感想になってない。
どう考えても冬コミで書いたSSに似てるのは上記の通りという事にしておきます。

よし、ひと段落した後はいいんちょや由真、笹森会長ルートを見てみたいと思います。
個人的には由真と主人公の絡みがいかにもコメディで好きです。

上手く纏まってる自信ないけどこの辺りで!

11:24:54 (TH2ion)僕、ちゃるルート攻略したら、散髪しにいくんだ・・・
11:25:29 (Spe-jimu)うっ…

[PR]
by lion-cage | 2007-03-21 14:36 | Review-ゲーム