不定期連載「SOSのある生活⑤」

「SOSのある生活」これまでの荒筋というか粗筋というか辛筋 

「そんなの決まってるじゃない♪」
パイプ椅子に座りハードカバーに集中している銀髪の女の子を後ろから抱きしめる。
「長門さんに会いにきたんだから!」
にっこり微笑み頭を撫でる。
体格でいうなら朝倉が姉、長門が妹というパワーバランスなんだろうが、
俺にしてみればそれこそ、妹が不定期で俺に甘えてくるそれに似たような感情を抱く。
「なーがーとーさーん」
対し文字通りその手中にあるちっこい女子生徒は、まるで肩に埃が乗っているかのように反応しない。
「もう! 長門さんってば! 私よ! 貴女の心強い仲間の朝倉よ!」
右の頬をぷくっと膨らませてペチペチ肩を叩いて、どうにかして注目されようとする動作。
最早高校生には見えない。親に玩具を買って貰えない女の子だ。

しかし、何故だ! 何故こうも和まない! 和めないんだ!
クラス内の尊敬の的である、大人びた女性の知らない一面を知った優越感なんて感じる余裕もなく、
ただ俺は俺しか知らない、純粋無垢に「じゃあ、死んで♪」と言えるあの朝倉涼子をフィードバックさせている。
こんなもの優越感になるか!


「ふっふっふ。君らのアイドル朝倉涼子は、実はこの俺を殺そうとした事があるんだぜ?」

その日からでした……。
みんな、僕から机を遠ざけ、僕と関わり合う事を避けるようになりました。
あれほど仲の良かった筈の悪友二人と、一緒にお弁当を食べる事も無くなりました。
後ろにいた女の子は、
「キョ、キョン。疲れてるなら部活、長めの休みあげようか……」
と心配してくれました。
でもそれは事実上の解雇。
僕は、真の意味で孤立したのです。

BADEND505 「狂言」


そ、そんなのは嫌だ!
イヤダイヤダイヤダイヤダイヤダ!
ま、まず落ち着くんだ!
えーとなんだ、素数を数えるんだっけ? 4,6,8,9,10……。
いや深呼吸だ。スーハースーハー。ヒーヒーフー。

「それはラマーズ法……」
一瞬にして凍えそうな室温になる。
俺の頭もようやく適温へと戻った。
「まぁ待て話を戻そう。どうして会いに来たんだ。それを言え」
「そんなの、会いたかっただけよ」
理由になってない。こんな回答で許されるのなら俺も来週の数学のテストは安泰だ。

「長門さんも私に会いたかったんでしょ?」
「…………」

俺は耳を疑った。
「……えーと長門さん、よく聞こえなかったんだけど……」
良かった。朝倉も同じだ。疑ってすまん、俺の愛する両耳。

「『……そうでもない』と言った」
[PR]
by lion-cage | 2007-07-17 01:58 | SS-ハルヒ


<< らき☆すた16話「リング」 /... Resident V.A.~t... >>