えむすくらんぶる! / スキルアップ

f0139014_0535993.jpg

表(ハテナ)日記で書いた通り、気づけば既に販売されていたこのゲーム。
見て分かるようにハレが晴れてユカイな作品のパロディです。
絵のクオリティ等を見て以前より興味があったので早速プレイしてみました。
今まだ途中ではあるのですがとりあえず長瀬美優ルートを攻略。
ルートと言っていいのか微妙ではあるのですが、やはり本家のリスペクトを感じ取れました。

さて何故今回ブログに感想を書いてみようと思ったかというと、実際特に理由なんて無いです。
何度も言ったように、僕にはエロシーンの描写を評価出来る程18禁のゲームを嗜んではいなく、また書いたこともありません。
なのですが前回久々にブログを更新して、〆切以外で書きたいことを書ける楽しさを思い出せたので、
色々とフラフラな自分を立て直す意味でも書きたいなーって。
 
んで本編の文章に切り込んでいきますが、本家の雰囲気を壊す事の無い文体が安心できました。
ジュンのうだつの上がらない小市民的な言い回しは、流石にエロシーンが主のこのゲーム内では元の小難しい表現こそ無かったものの、
例えば、『団長の台詞』→『主人公、心の中で反論』→『何言ってるのよ?』みたいな原作が良く使うテクニック(テクニックというかどうかは置いておく事にして)については、
色んなポイントで取り入れられていて、そういう部分で多少なりともリスペクトは感じ取れたかな。

あとは今一歩文章に冒険があっても良かったと思います。
例えば主人公視点だけで無く団長視点とかロリ巨乳上級生視点とか。
本家の真似をするだけで無く、そこに作者による様々なオリジナルスパイスの配合調合が個人的二次創作の醍醐味だと感じていますからね。
(今書いてるのもそういう部分に重きを置いて書いてますしね)

んーエンディングが尻切れ的だったのが残念。もうちょっと頑張れば化けたかも分かりません。

まぁでも二次創作としては十分楽しめる内容。
作品が作品だけにエッチな要素が多めなのでそういうのに飢えている人は是非どうぞ。
[PR]
by lion-cage | 2007-05-15 00:52 | Review-ゲーム


<< "文学少女"... 刀語第五話 賊刀・鎧 / 西尾維新 >>